人生において勉強することの意義ー本が教えてくれることー

なぜ勉強をするのか。また、なぜ勉強をしなければならないのか。

この疑問は、誰もが一度は通ってきた疑問だと思う。

まず、はじめに、勉強とは、強いられるものではなく、自発的に行うものだと私は思っている。

何事も強いられて行うことは、上手くはいかない。

自分が興味のある分野、好きなこと、知りたいことについて、学びたいという意思をもって取り組むことが、「勉強」なのである。

人間が勉強する上で、最も効果的で、恩恵をうけるべきものは、本である。

本と言っても多くの種類がある。

どの本が最も適切だなんてことはない。

自分が読みたいと思った本を読むことが大切である。

興味を持った一冊の本を読み終えたら、それに関係する本をもう一冊読んでみる。

こうした体系的な読書が、あなたの人生を豊かにする。

また、自分の強み、自分のフィールドをもっておいた方がいい。

それは、科学でもいい、小説でもいい、辛口評論でもいい。

たまには、自分のフィールドから出て、いつもは手にすることのないジャンルの本を読んで、「なんか違うな」とか「こういうことじゃない」と思ったら、自分のフィールドに戻ってこればいい。

そうすれば、心が救われる。

そうするためにも、自分のフィールドを持っておくというのは、重要なことなのである。

現代人は本を読まない。もっと言えば、若者はめっきり本を読まない。

彼らの視線の先にあるのは、縦書きの文庫本ではなく、横書きのSNSのつぶやきである。

あなたのスマートフォンは、あなたにどんなことを教えてくれますか。何を与えてくれますか。

今は、それでいいかもしれない。

でも、10年後のあなたはどう思うでしょう。

自分の知識不足に顔を赤らめるかもしれない。学生時代に本を読まなかったことを後悔するかもしれない。もっと勉強しておけばよかったと思うかもしれない。

そう思わせないように、本を読みましょう。

「本は心の旅」だと、私の恩師はいいました。

自分の人生を豊かにするため、自己実現のため、本を読みましょう。

医療脱毛メンズの部位

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です